住まいを良い状態に保つのは、
日頃からの適切なお手入れ

家づくりは家を建てて終わりではありません。
しっかりとメンテナンスを行い、
日頃の適切なお手入れをしていくことで
新築時の良い状態を長く保って
いただくことが大切になります。
家を建ててからが本当の
お付き合いだと思っております。

スペシアラボのアフターメンテナンス

細かい定期点検、メンテナンスは
永く住んでいただきたいからこそ

お引渡し後は、私たちが定期的に点検をさせていただきます。その後も状況に応じてその都度ご対応させていただいております。また点検では、設備保証、メーカー保証などを含めしっかりと点検させていただきます。点検時はあらかじめご連絡をさせていただきお伺いいたしますのでご安心ください。もし少しでも気になったことがございましたら、定期点検の時期に関わらず、お気軽にお問い合わせください。

安心のアフターサービス

お引き渡し後、6ヵ月目から厳格な基準の下、無料点検をスタート! その後も定期的に点検を実施させていただいております。もちろん、不具合等ございましたら即座に対応させていただきます。

無料点検

第三者機関による検査と保証

日本住宅保証検査機構(JIO)

スペシアラボでは、日本住宅保証検査機構(JIO)による万全の検査・保証体制を確立しています。基礎の着工から完成まで、各工程別に後で見えなくなってしまう部分や大切なポイントをJIOの検査員がお客様に代わって検査を行います。また、JIOの検査に合格した住宅は瑕疵(かし)担保責任保険の保証を受けることができます。

JIO

瑕疵(かし)担保責任保険

「瑕疵(かし)」が発生した場合の補修費用を補償するのが「瑕疵(かし)担保責任保険」です。保険の対象となるのは住宅品質確保法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に定められた、「構造耐力上主要な部分」と、「雨水の浸入を防止する部分」で、具体的には柱や基礎等、不具合があると住宅の強度が低下してしまう部分や、屋根や外壁等、きちんと防水処理していないと雨水が浸入してしまう部分を10年間保証します。
またJIOの保証では、もし建設事業者が倒産するなど対応できなくなったの後に不具合が起こっても、保険期間内であれば、住宅取得者様が補修費用を直接に請求することができる保険です。

瑕疵(かし)とは

瑕疵(かし)とは、住宅を新築する時は建築基準法が定めた耐震性能を確保しなければなりませんが、できあがった住宅がその性能を満たさない状態のことです。この場合、売主または請負業者は、補修により必要な性能を確保する義務があります。